注文住宅で後悔しない!お金を出してでもやればよかったオプション設備 10選

こんにちは、エコスタイルの畑中です。
憧れの注文住宅を建てるなら、後悔はしたくないですよね。

この記事は、
10年以上家づくりに携わってきた私が、
お客様からの声や、アンケートの情報を元に、
これから家造りをされる方々の未来が、
少しでも幸せなものになればと思って作りました。

それでは早速、お金を出してでもやればよかったオプション10選を見ていきましょう!

お金を出してでも、やればよかったオプション10選

  1. キッチンはタッチレス水栓
  2. 廊下やトイレには人感センサー照明
  3. 1階にウォークインクローゼット
  4. 玄関ドアをポケットキー
  5. 食洗機は大容量に、深型食洗機
  6. 2階に洗面台
  7. 西側の窓の位置を変更
  8. 電気スイッチの位置をひとまとめ
  9. 内部と外部のコンセントを増設
  10. テレビの後ろやトイレに下地補強


今回の10選を見て、何かお気づきではないでしょうか?

全て生活の一部として、毎日必ずと言って良い程使うものです。
デザイン的な部分であるタイルや床材など、一つも入っていないことがお分かりいただけます。

つまり、これめっちゃかっこいい、これやりたい!という部分にお金をかけるよりも、
実生活で不便にならない計画をしていくことの方が大切だということです!

下地さえ入れておけば、DIYのチャンネルを見ながら、
住宅会社よりも遥かに安く、思い入れのある見どころポイントを作れるので、大丈夫です!

内部のデザインはすぐに見慣れます。
そして、デザイン性の高いものは、総じてメンテナンスが必要です。
家電や子どものおもちゃで、どうしても理想と現実のギャップは出てきてしまいます。

例えば1位のコンセント。
せっかくの新築で、どこにでもコンセントはつけられたのに、ダイニングテーブルのすぐ近くに造ってなかったから、離れた壁から延長コードを引っ張ってきて、そこにホットプレートのコンセントを差すことになるんです!

これって、実はものすごくストレスになるんです!

つけるか悩んでいるオプションはもちろん、考えてすらなかったオプションも、
あなたの生活を大きく、より良い方向に変えてくれるかもしれません。

何故ならここには、これまで身をもって失敗を経験してきた、
先人の知恵と経験と失敗談が詰まっているからです。